500文字の心臓

トップ > 掲示板

短さは蝶だ。短さは未来だ。

500文字の心臓>掲示板

名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Re: 空虹さん - たなか

2020/06/25 (Thu) 13:48:12

たなかです。
空虹さん、返信ありがとうございます。
先のエントリで書こうかどうしようか迷った挙げ句、書かないことにした件に、
ちょっと掠っているような気がしたので、しつこく返信してみます。

> ある種映画的な、物語構造の視覚化

んん。作品の見た目、ということですよね? タイポグラフィではなく?
ごめんなさい、ちょっと意味を捉えかねました。

ただ、空虹さんとたなかとのあいだの齟齬は、「音」の強さにあるのかな、とも思ったので、
先に挙げた「書かないことにした件」を書いてみようと思います。

あちらこちらでよく話題にされることなので、
今さらと思われる方も多くいらっしゃるように思いますが、
文字で書かれたものをどう読むか、という話です。
もっと言ってしまえば、読む速度の話が根幹の話なんですが、
ここではそれは関係ないので、触れません。

空虹さんが言及されているのは、文字を視覚情報として捉える、ということかなと思うんですが、
合っていますか?
で、たなかの場合なんですが。視覚情報としても確かに捉えているんですが、
自分はそれよりも何よりも、文字を読むときに「音」の力が強いです。
つまり、読んでいる際に、脳内で、文字に対応した「音」が再現されるということです。
で、自分にとってはたぶん、この「音」の力が非常に強い。
視覚情報をかなり軽く考えてしまうぐらいに、自分にとっての「音」の力は強いのだろうと思います。

今作についても、「音」についてはかなり気にしていました。
というか、リフレインを多用する作品を作る際には、自分は「音」を、いつも以上に気にします。
視覚的なことも考えはするんですが、
それは、リフレイン内に、同じ語と、似ているけれども異なる語とを、どういうふうに配置するか、
というところに意識が向いているのであって、
たぶん空虹さんが仰っているような「映画的な物語構造の視覚化」には、
重きをおいていないと思います。

ただ、他の方が書かれた、そこを前面に押し出すような作品であれば、
やはりそのことは意識しますし、出てくる感想もそれにまつわるものになると思います。
その辺は個々人の得手不得手もあるだろうし、
そもそも「つくりたいもの」が異なるということでもあるのかなと思います。

自分が視覚情報に疎いことはわかってはいるつもりなんですが、
そこはやはり、指摘されないと見えない部分が大きいものだなと、あらためて感じました。
読み手によって同じ作品の評価がかなり変わるのも、内容にまつわる点も当然あるのだろうけれども、
元もとの読み方が異なることも多いのかなとも思ったり。

Re: Re: 空虹さん - 空虹桜 URL

2020/06/27 (Sat) 00:50:02

なんだか、たなかさん独り占め。
やったー!
でも、超面白い話をはじめてると思うんですけどね。

> んん。作品の見た目、ということですよね? タイポグラフィではなく?
> ごめんなさい、ちょっと意味を捉えかねました。
えと、アタシが誤認してるだけかもしれないですが、
「タイポグラフィ」って、
別にアスキーアート的なのだけを指さないですよね?
あっ、ここでアスキーアートと書くのも語弊を招くか。
Wikipediaのリードには
> 活字(あるいは一定の文字の形状を複製し反復使用して印刷するた
> めの媒体)を用い、それを適切に配列することで、印刷物における
> 文字の体裁を整える技芸である。
と書いてるので、そこまで間違ってはない認識ですが・・・
この辺、厳密さを欠いてるかもしれないから、
「一義的」とも書いたけど、解釈がブレるのはアタシのミスです。

実際のところは、たぶん、エディトリアルデザインの方が適切かな?

> 空虹さんが言及されているのは、文字を視覚情報として捉える、ということかなと思うんですが、
> 合っていますか?
はい。あってます。
話芸ではなく文芸(って言葉は嫌いだけど)なので、
インタフェースは視覚だという認識です。

> それは、リフレイン内に、同じ語と、似ているけれども異なる語とを、どういうふうに配置するか、
> というところに意識が向いているのであって、
> たぶん空虹さんが仰っているような「映画的な物語構造の視覚化」には、
> 重きをおいていないと思います。
上記引用は、もしかしたら誤謬を含むかもしれないけど、怖れず。

はやかつさんの「Moments Musicaux」で喋ってますけど、
拙策はすべて、空虹桜が朗読する前提で句読点を打っています。
なので、「音」に対しての意識はたなかさん程ではないかもしれないけど、
ある程度はあるつもりです(しかし、実は呼吸の方が適切かもしれない)
とはいえ、生理でないところで読点を打つことはあって、
・漢字/ひらがな/カタカナがならびすぎている時
・上の行と下の行で、読点が同じ位置に来る時
なのです。
どちらもアタシが読む時に読みにくいから、避けています。
上の行と下の行で読点が同じだと、
目が滑るというか、どこ読んでるかわからなくなるんですよね・・・
逆に、それを避けない時は意図的です。
アタシとしては、リフレインが意図的に読めたので、あの選評でした。
ラップの歌詞カードを見過ぎなだけかもしれないですが。

> そもそも「つくりたいもの」が異なるということでもあるのかなと思います。
たぶん、ここだと思います。
正確には「書きたいモノ」と「読みたいモノ」のギャップかなぁ。
そもそも、アタシ自身の中で
「書きたいモノ」と「読みたいモノ」は一致してないですし。
殊、超短編に関しては。
加えて、アタシの中で、超短編はもうすこし現代アートというか、
インスタレーションに漸近すべきでは?という意識もあります。
なぜなら・・・

> 読み手によって同じ作品の評価がかなり変わるのも、内容にまつわる点も当然あるのだろうけれども、
> 元もとの読み方が異なることも多いのかなとも思ったり。
うん。全面的に同意ですし、そこが面白さだと思ってます。
なので、選評が一番超短編的で面白いです。
朗読が面白いのも、そこに各人の読解があるからだし。

以下余談。

卑屈なのかもしれないけど、
超短編界隈で「空虹桜」って舐められてるという自己認識です。
もちろん、舐められた方が有利なので、
意図しているところですし、望むところなのですが。
権威にも大御所にも体制にも多数にも常に中指立てたいし(笑)
超短編なのに超わかりやすい話を書き倒しますよ。ええ。

Re: Re: 空虹さん - たなか

2020/06/27 (Sat) 08:33:37

空虹さん、返信ありがとうございます。
なるほどなぁと思って読みつつ、ところどころ、んん? と思うところがあったので、
後者のほうにだけ焦点をしぼって書いてみます。


まず、「音」に対しての意識について。
たぶん、わたしのもっている「音」は、空虹さんほど意図的なものではないです。
超短編に限らず、文章を読む際に、それを頭のなかで音読するかどうかというだけの、単純な話です。
逆にだから、
音読できない言葉(難読漢字や発音がわからないアルファベットの羅列など)を目にすると、
自分は極端に読む速度が落ちます。意味を捉える捉えない以前に、音読できないから読めないのです。
なので、無理くりその文字に音を当てはめて、やっと読めるようになります。
そういう話なので、たぶん、空虹さんの仰っているような「音」への意識は、
わたしにはむしろないと思います。


次に、エディトリアルデザインについて。

> 自分は書く際には、
> どの媒体でどう組んで読んでもらってもいいようにというのが何より先にある

先のエントリで、上のようなことを書きましたが、
これがそのまま空虹さんへの返答になるのではないかと思います。

ついでに、なぜ空虹さんとわたしとのあいだに齟齬が生じたのかについても、
ひとつ思いついたことがあります。
空虹さんは心臓への投稿作品を、心臓サイトの組み方をそのまま手元で再現して作成してはるんですね?
で、わたしはというと、
そもそも心臓の作品一覧はメールマガジンで受け取っていたテキストファイルで、
サイトでの組み方とは折り返し位置が異なっていました。
なので、敏感になりようもなかったのです。

加えて、自分が創作するときにはほぼテキストエディタを使用するので、
さらにそのあたりの感覚は小さいです。
特に初期は同じ作品が別サイトに再掲されることも多かったので、
ひとつひとつ気にしていたところで意味がなかったということもあります。

現在はメールマガジンはその機能を失っていますので、わたしもサイトで確認しますが、
読むときはテキストをエディタにコピペして読んでいるので、
空虹さんが意識を払っておられる読点の位置は、実はわたしには何の影響も与えておりません。
申し訳ないです……

視覚作品として発表されている超短編作品は少なくないですし、自分が目にしても面白いと思います。
デザインが作品として一体化していて切り離せないものであれば、そういう作品になると思いますし。
ただ、わたしは基本的には文字情報は文字情報として捉えるので、
文字が並んでいるだけの作品であれば(デザインの重要性が低い作品であれば、かな?)、
それをテキストファイルとして読んでしまうと思います。
今はデザインに敏感な方が多いでしょうから、わたしの読み方はかなり特異なのだろうと思いますが。
特異というか、古いのかな? その辺はちょっとわたしにはわからないですが。

Re: Re: 空虹さん - 空虹桜 URL

2020/06/28 (Sun) 22:07:49

念のためですが、
「自分はどうだ」という話をしているだけで、
他者に「だからどうするべきだ」とか、
強制したいわけじゃないですからね。
書く人にも読む人にも、多様であると。
「2人は違う人間だから 一緒にいられるの」
って、永井真理子だ!(古)

さてさて。
たなかさん、お返事ありがとうございます。
一口に「音にする」といっても、やっぱり違うもんだなぁ。
というのが素直な感想で、
他の人はどうなのか?知りたいなぁ。って思いがあります。
あと、アタシの印象としては、
たなかさんの方が、文章に対して忠実というか、誠実なのかなぁと。
この辺はあくまで印象なので、語弊を含むかも知れませんが。

で、一点、このままだと過剰になりそうなところだけ訂正。
> 空虹さんは心臓への投稿作品を、心臓サイトの組み方をそのまま手元で
> 再現して作成してはるんですね?
さすがにそこまではしてないです(自己矛盾?)
アタシもたなかさんと同じで、
エディタで書いてエディタで読んでます。
もうちょっというと、いずれもスマフォのエディタなので、
画面サイズはより小さいです。たぶん。
ただ、出だしの20文字ぐらいに注意をすれば、
あとはだいたいなんとかなってる印象です。

あと、
> 空虹さんが意識を払っておられる読点の位置は、実はわたしには何
> の影響も与えておりません。
って、たなかさんがお書きになってるのを読んで、
自分が気にしてることなんて、
結局は自分のためでしかないんだよなぁなどと。

Re: Re: 空虹さん - たなか

2020/06/29 (Mon) 05:29:10

空虹さん、何度もありがとうございます。

> 自分が気にしてることなんて、
> 結局は自分のためでしかないんだよなぁなどと。

どうなんでしょ。漢字とかなのバランスや、句読点の位置などは、
読みやすさを考えると、気を配るほうがよいことだろうと、わたしも思います。

ただ、オンラインで表示されるテキストは、それぞれの環境によって、
書き手の意図とは異なる表示の仕方をする場合があるのも事実なのかなと。

自分はかなり目が悪いので、ブラウザで表示される文字のフォントをかなり大きめにしていて、
かつ、自分の好みで、等幅フォントを採用しているので、それだけでもう、
デフォルトのフォントで読んでいる方とのあいだで齟齬が出てしまっている可能性があるのかなと。

デザインをより重視するのであれば、サイトデザイナーの方が級数や組み方を指定してしまうとか、
そもそもの投稿をテキストファイルではなくて画像ファイル等でも受けつけるようにするとかいう、
土台の組み替えが必要なんではないかと思います。

↑心臓が始まった当初はともかく、今は技術的に困難なことではないですよね? たぶん。
(そもそも、わたしのサイトデザインに関する知識は、今やもう化石ですし……)
でも、そうすると、それはそれで、投稿サイトとしての性格が変わっちゃったりするのかな。
(管理人の峯岸さんの面倒については棚に上げた話なので、あまり現実的ではないようには思います)

祝辞を書いてすみません - 空虹桜 URL

2020/06/24 (Wed) 23:14:48

って書いた瞬間に、オチは「生きててすみません」とか、
「生まれてすみません」だと気付いたんで、謹んで自粛を。

それはともかく、脳内亭さん、正選王おめでとうございます。
今日は何の日!そうか!!読み落とした!!!悔しいぃぃぃ!!!!
いいんだ。ラブコメ得意だもん。いいんだ。いいんだ。

磯村咲さん、逆選王おめでとうございます。
やったー!逆選王から逆選票もらったアタシが優勝だ!
ってなもんで、無記名互選である以上、選評はむしろ有り難いです。
500文字であのネタは被らない前提で書いてましたし。
アタシもたなかさんの選評結構書いてますしw
そして、今気付いたけど2行作品!

拙作ですが、作品自体よりも
Wikipediaで「観測可能な宇宙」を検索してください。
もう、このページが最&高。
最初137億光年で書いてたんですけど、
念のため確認した際に吹っ飛びました。
> 宇宙のどの場所にもその場所にとっての観測可能な宇宙があり、そ
> れは地球を中心とするものと重なる部分も重ならない部分もある。
とか
> このことは、我々とは因果律的に断絶されたいかなる宇宙の一部に
> ついても直接的な実験によって知りうることは何も無いという理由
> で正当化しうる。
とか
> よって、現在観測できる最も遠くの物質(460億光年先)は、現在受
> け取っているマイクロ波が放出されたときには、いずれ地球となる
> 物質からわずか3600「万」光年しか離れていなかったのである。
とか
> また、この論理で得られる光速と宇宙時間の積は、いかなる物理的
> 意義をも持たない。
とか
> もし全宇宙がこの球体よりも小さいなら、光はビッグバン以降、
> 球体内を周回するだけの時間があるわけで、CMBRには互いに
> 異なる複数の像を生じ、何重もの円を描くことになる。
とか、いずれもセンスオブワンダーだし、
古い知識で考えてしまう罪の重さに反省をしました。

>たなかさん
正選票ありがとうございます。しめしめ。
> タイポグラフィということでしょうか。
一義的にはYESです。
京極夏彦じゃないけど、超短編は見栄えをコントロールしやすいし、
それこそ「ゴシック体の神」みたいな事例を積極的に担ぐのであれば、
古い人たちは見栄えに意識的であっても良いのでは?とも考えます。
でも、アタシがここで求めたのは、
ある種映画的な、物語構造の視覚化です。
その辺は、北野勇作の100文字SFや「ついのべ」より、
文字数の多い超短編の優位性だとアタシは考えています。
な〜んて、グダってるのは、
<お返事できずすみません9>がたなかさんだったからですけど・・・

>まつじさん
「その瞬間」との繋がりとセットは、考えてなかったので目から鱗。
たなかさんが返信書かれてますが、
ヒップホップ界隈的に「掘る」(まさかのダブルミーニングw)のは
わりとふつーな行為なので、
まつじさんの書くBLを楽しみにしてます(待て)

>つとむューさん
次点票ありがとうございます。
届けたのは、もちろん、みんな大好きボイジャーですw
ちなみにアレですよ。
受け取った時に460億光年離れてるってことは、
送信された時は、上述の通り、だいぶ近かったんですよ・・・

>胡乱舎猫支店さん
正選票ありがとうございます。
タイトルの物語性が高かったので、
できるだけ短くしようってのは、書く前から決めてました。
「川を下る」は匙加減が微妙で、どうしたものか・・・

〆切が守れずすみません…… - たなか

2020/06/24 (Wed) 13:09:46

たなかです。
件名を書いて目で確認した途端、言いようのない申し訳なさが胸にこみあげてきてなんとも…… うぅ……
いや、もう本当に、毎回〆切が守れずすみません…… いっそう精進いたします……

そして自分はドラクエは VII しかしたことがないよ♪ たぶん、唯一のプレステものだよ。


脳内亭さん、正選王、おめでとうございます。
ラブコメ…… 難しいですよね、確かに…… 自分でも書けそうな気がしません。
コメディは書くのがとても難しいと思うんですよ。少なくとも、自分には。

磯村さん、初めての逆選王、おめでとうございます。
初めてはいいですよね♪ いつでも。なんでも。
何度読み直しても、全方向に沈んでいくゼリーが大好きでございます。

そして、すでに次回のお題が決まっている! おふたかたともお早い!
次回もできたら参加します。できるようにがんばります。がんばるつもりです……!



拙作に票と評をくださった方がたに、ありがとうございます。


> 永子さん
> 孤独死ですね。しかもミイラ化するんじゃなく液状化する、他人に一番迷惑かけるやつ。
> (略)
> なんか、あーあ、すみません感が繰り返しの中に見える気がしました。

それです、そのとおりです、まさしくそんな感じです。
なので、最後の一文は自分にはとても重要でした。鬱陶しいぐらいがいいのかなと。


> 空虹さん
> ビジュアル的にも演出をして欲しいのです。

タイポグラフィということでしょうか。
実は自分は書く際には、
どの媒体でどう組んで読んでもらってもいいようにというのが何より先にあるので、
あまりそういうことは考えたことがないのです。
他の方が書かれた/作られた/組まれたのを読む際には別なんですが。
この話は鬱陶しいのが肝ぐらいに思っていたので、
不要と切り捨てられるところまで含めて、もしかしたら作品としては成功だったのかもしれません。

タイトル案のお返事 - 脳内亭

2020/06/23 (Tue) 12:57:46

 磯村さん、タイトル案ありがとうございます。
それではパパッといきまする。

・川を下る

 これでいきましょう。ベンガラベンガラにも惹かれたけど、みんなで川を下ってみましょうか。

永遠の未読 - 磯村咲

2020/06/22 (Mon) 23:20:46

脳内亭さん、正選王おめでとうございます。
もうひとつのタイトル案も盛り込んでおられたとは!
夫婦とかける為だけにしては不思議な命名だなと思っていました。
それでフッフーだったのか。
「へんじがある。しかばねではないようだ。」はとてもいいですね。元ネタも分かるし、たなかさんの作品にかかっているのですね。さすが芸が細かい。

さて次回のタイトル案ですが、
・ベンガラベンガラ
・大人スイミング
・川を下る

まずはこの3つで。お代わりも大丈夫です。


今回が初めての逆選王です。やった。皆様多数の票と評をありがとうございました。
そして私が◎と△票を投じた2作品ともがまつじさんの作品だったのでとても驚いています。

>空虹桜さん
本当に同じネタで丸被りするところでした。選評、偉そうで失礼ですみません。堪忍です。

へんじがある。しかばねではないようだ。 - 脳内亭

2020/06/22 (Mon) 21:39:11

 コンバンハ、脳内亭です。

 正選王は久しぶりかしら。いろいろと複雑な想いはあれども、いただけるものは謙虚にいただいておきます。どうもありがとうございます。

 前回と今回と、ラブコメを書けないものかなと挑んでみたんですが、どうも自分が書くといまいちラブコメにはならないようです。ムズカシイ。
 前回のタイトル案の一つである「今日は何の日?」を見た時に、「今日は何の日? フッフー♪」が頭から離れなくなってしまったもので、それをそのまま活かしました。
 ぶっちゃけ最初の台詞がただ云いたかったが為に書いたような話なんですが、誰もそこにはツッコんでくれずに全スルー、正選王になったのにスベったみたいじゃないですかどうしてくれるんですか(逆ギレ)

 さて、磯村さん逆選王おめでとうございます。タイトル案をお待ちしてます。

祝辞が書けずすみません - 海音寺ジョー

2020/06/22 (Mon) 20:06:41

春は瞬間最大ストレスのせいで投稿も選評も間に合わなかったのですが、今回は出せました。

まず前回のから。
磯村咲さん、正選王おめでとうございます!
マタタクマはツキノワグマのような、可愛いイメージで読みました。
ななさん、逆選王おめでとうございます!
作品を読んで、一瞬の間と永遠の間との関係について考えさせられました。


脳内亭さん、正選王おめでとうございます!フッフーにやられました。
磯村咲さん、逆選王おめでとうございます!ハードSF的世界観に惹かれました。

拙作にも貴重な票と票を有難うございました。
それでは、次回のタイトル、楽しみにしております。

選評締切 - たなか

2020/06/03 (Wed) 12:39:15

たなかです。
何度も無駄に出現してすみません。

今回の選評の締切日ですが、6/14(日)でよろしいでしょうか。
直近の 6/12 は金曜日なので。
そして、原稿の募集締切日がなぜか 6/14(日)になっているので。

大体 6/12(金)-6/14(日)ぐらいが締切でという、ゆるい感じだとは思うんですが、トップページで混乱してしまう人もいらっしゃるかと思うので、念のため確認です。

今回は選評したいと思っています。
よろしくお願いします。

Re: 瞬間最大祝辞 - たなか

2020/05/31 (Sun) 04:24:57

たなかです。こんにちは。
4~5 月とストレス過剰で、まとまった文章がなかなか読めなくてすっかりくたばっていたんですが。
ここへ来てようやくやる気ゲージが上がってきたので、残念ながら選評に参加できなかった前回の競作関連の書き込みを確認しにきたのですが。

なんだか要らんところに名前が出てる…… 空虹さんヒドイ……
でも答える。真面目だから。

自分は女性を描いた官能系小説を読まなくなって久しいので、女性描写に関しての知識は何十年も前のあたりで止まってしまっていて、その辺は割といい加減ですが。
BL に限った男性描写に関して言えば(それ以外にがっつり性描写のあるものを読むことは今はないので、限定で)、語彙や描写が貧困だと感じることは、わたしはないです。
というか、もう自分にはついていけないぐらい、その辺は進化していってるのではと思います。
目にとまらないと自分のなかの語彙は増えないですし、流行もあるでしょうし、何を中心に読んでいるかで、見えてくるものはずいぶん異なるんじゃないでしょうか。

もちろん、読んで知っているからというだけで、それらの語彙を使うのに長けるわけではないので、その辺はどうしても訓練が必要ですよね。
どんどん強い刺激を追い求め続ける読者の方がたもいらっしゃるでしょうし、描写力を磨き続けておられる方がたは、大変なことでしょうしすごいと思います。
その辺は、こと性描写に限ることではないですが。

単純に自分の好きなものを追い求めるだけでいいなら、ただ楽しい作業ということもあるのかもしれないですけど。

真面目に語っちったよ!
こういうときだけたなかに招集をかける空虹さんは、責任もってフォローすべし。

Re: Re: 瞬間最大祝辞 - 空虹桜 URL

2020/06/01 (Mon) 00:17:16

やったー!ありがとうございます。
アタシなんかにも優しく応えてくれるたなかさんには、足を向けて寝られない。

> もちろん、
からはじまるセンテンスは書いてくださってるとおり、性描写に限らず普遍的なことだし、それこそ、今現在「分断」みたいな単語で形容される世界において、己の視座における観察を適切に表現することの難しさにも通じていて、一介の物書きとしても肝に銘じたいところです。
ちゃんと書こう。
いっぱい書こう。
日々精進。

Re: Re: 瞬間最大祝辞 - まつじ

2020/06/16 (Tue) 17:51:35

うわーん、いま読みました!
私が発したコメントに端を発しているやつなのに何から何まで遅い、まつじです…やがて何かに罰せられるのではなかろうか自分…。
自分の知らないことや見えていないこと、知ること見ること、表現していくことに意識的でありたいけれど、それを常に思うことがなかなかできない難しさ。
たなかさん、空虹桜さん、ありがとうございました。私、精進いたします。

Re: Re: 瞬間最大祝辞 - たなか

2020/06/24 (Wed) 12:37:48

空虹さん、まつじさん、返信ありがとうございます。
わたしもいちいち遅すぎです。いろいろ精進いたします……

今はどのジャンルもかなりクロスして入り組んできているので、
自分がずっと親しんできたジャンルにぽんと出てきて、
当たり前のように広がっていっている言葉や描写の元もとの出所が、
自分はほとんど目にすることがない別のジャンルだったということも、かなり多いように感じています。
なんだろう、これ、と思って調べてみると、
おおぅ、こんなところが発端だったのか、と驚くことも多く……
しかも、ジャンルを跨ぐことで、語意や使い方が変化してきていたり。面白いなと思います。
すべてに敏感でいることは難しいですけど、
ちょっと調べようとすると思わぬ深みにはまってしまったりして、本当に奥深いなと。

そして、ついていけないようなものも多々あり……
ずっと第一線で変わりなく活躍している方がたの敏感さは、何なんだろうと思います。すごい。

「「几 - 磯村咲

2020/04/29 (Wed) 10:01:32

>脳内亭さん
解説ありがとうございました。野暮かなと迷いましたが、聞いてみてよかった。
遅ればせながら、その瞬間のその瞬間に立ち会うことができました。
ああ、これは面白い。(遅い)

>空虹桜さん
マタタクマの生態はほとんど知られていないので、瞬きによっては鼻行類みたいに股多熊に進化しているものもあるかもしれません。(今考えた)


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.