500文字の心臓

トップ > 掲示板

短さは蝶だ。短さは未来だ。

500文字の心臓>掲示板

名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

祝・網戸~ - 磯村咲

2017/05/09 (Tue) 14:10:08

瀬川潮♭、空虹桜の両王様、おめでとうございます。

>たなかさん
今回まさにその「この作品はこのタイトルじゃない」という理由を添えて×にしていますが、言い訳はしないぜ。
拙作に△ありがとうございました。実際あの配置にしてから動かせなくなりました。企画書を意識したのですが、動かない企画は通らないようですね。

>雪雪さん
特選交換ありがとうございました。
>そこが投網っぽさ
そこの投網っぽさを読み落としていました。「投射性網膜観照光学式開悟発心」網膜による意味の着脱が素敵すぎてそれ以上の投網性への期待が無かったためでもありますが、なるほど周囲を見渡すといろいろかかってきます。

拙作については面映いばかりです。手を明かせば「醒めてみれば空耳」2015-11-22でご紹介の クラーク・エリオット 『脳はすごい』 (青土社)がネタ元です。今回のお題に、著者が眠る時にもかけていた治療用のメガネが思い当たり、視覚と頭の中の空間の密接な関係から視覚にとってのメガネに対応する、空間にとっての投網の話が書きたいなと思ったのですが、力及ばずで中途半端なものになりました。色々読み取ってもらえてありがたかったです。
「層」はそのとおり観光開発なので「客層」です。

>海音寺ジョーさん
○票ありがとうございました。
読んでくださる方を差し置いて自分の「心の無意識の部分を肘でぐいぐい」するためにここに参加させてもらっています。嬉しい評でした。

>瀬川潮♭さん
エッシャーのコウモリ的に夜空を埋め尽くすねずみ男が、って比喩が難しいわ!

こと投網には川と淡水魚にまつわる繊細で微妙な思い入れがあって、皆さんに評をお返しできなくてすみません。

祝辞投網観光開発~ - たなか

2017/05/07 (Sun) 13:41:04

たなかです。
瀨川さん、空虹さん、正選王、逆選王、おめでとうございます。
印象強い作品が、やっぱりとっていくなーと思いました。面白い作品をありがとうございました。

拙作に票と評をくださった方がたには、ありがとうございました。
タイトルに真っ向勝負で向かう、というのは、この競作が始まってからずっとわたしの課題でして、
なので、そこを評価してくださった方がいらっしゃったのは、とても嬉しかったです。
初回から始まって、これまで何度、この作品はこのタイトルじゃなくていいと評されたことか……
そこをずっと乗り越えたいと思いながら、毎回競作に参加してるんですよね。
だからとても嬉しかったのです。わ~い♪

そして、雪雪さんのご指摘には、のたうち回りました!
というのも、自分でも、ここは力業になってしまったと思っていたところで、
うんうんうなりながらネタを仕込もうと思ったんですが、力足らずで逃げた部分でして……
そこをきっちりついてこられる雪雪さんの炯眼は、さすがだと唸りました。
世界観の構築って、逃げちゃ駄目だと痛感しました。ありがとうございました。

空虹さんにもありがとう。そうか、空虹さんを楽しませるには、力業も大事なんですね!
これからもいろいろバランスを考えながら書いていきたいと思います。
難しいけど、これだから超短編は楽しい! と思います!

祝辞・投網観光開発 - 海音寺ジョー

2017/05/07 (Sun) 10:00:16

瀬川潮♭さん正選王おめでとうございます!
空虹桜さん、逆選王おめでとうございます!
沙漠にいる沙鮫のイメージが良かったです。

拙作にコメントいただきありがとうございました。いつもすべての作品を何度も読み返しているのですが、解釈の及ばなかった分が多くあって、他の方の選評を読んで気づくこと、学ぶことがあり、いつも勉強といいますか狭い視野を広げてもらっています。
それでは次回もまた、すごい作品に出会えることを楽しみにしております。

いろいろおめでたく、いろいろ無念 - 雪雪

2017/05/07 (Sun) 08:56:55

瀬川さん正選王おめでとうございます!
空虹さん逆選王おめでとうございます!

惜しい。両王次点か!
今回、「名詞の海に投網を投げて、文字のあいだから観光資源を開発する」という発想に至ったとき、正直に言うとこれ以上のアイディアはそうそう出てくるまいとほくそ笑んだのですが、筆者の腕が及びませんでしたなあ。

>氷砂糖さん
特選って、とても元気が出ますね。ありがとうございます。長く記憶に残って励ましてくれるのは、結局受けたそのときには「身に余る」と感じた評言だけだなあ、と思います。

>磯村さん
特選交換になってしまいました。なってみるとこれ、すごくうれしい。
名前の選択の件ですが、あれらは周囲にあった本や雑誌の表紙や背表紙をスキップしながら思いついたままに思いついた分使いました。かかったものは全部引き上げ、なにがかかるか選べない。そこが投網っぽさだと思ったので。

>空虹さん
拙作への評を読んで「朝に永らえる」とか、考えてはみましたが、そもそも名詞の縛りがある中で全編押韻まで考慮するとなると、名詞の選択にまた新規の縛りが生じて労力が激増する割に小手先の業の痕跡が残って投網っぽさが薄れるかなあ、という実感です。
(スタイリッシュであることの弊害といいますか、散文で押韻が義務みたいに多用されていると、作者の影が常にちらついて虚心に読めない。意識の水準が下がってしまう。まあこれはおもに長文の場合の問題ですが)

>空虹さん >たなかさん
空虹さんにがぶっと噛まれましたたなかさん作への僕の評言ですが、作品に課すハードルの種類と高さは評者それぞれ違っていて、言った方は「基本」くらいに思っていても、言われた方は「そんなの私は気になりません」だったりするのでしょう。
作品に曖昧な部分があってもいいけれど、あの部分は「放置すると涸れてしまう湖の水位を保つ」という豪快な効果と、「微生物」という地道な媒体が明らかなので、そこに説明がないと「普通の高校生が百メートルを五秒で走って危機を脱するが説明はスルー」みたいな置いてけぼり感があります。評言が乱暴になっているのは、僕がそれを怠慢と感じるからです。
つまりちょっと感情的になって、それを抑制できませんでした。たなかさん申し訳ありませんでした。
(たとえば「水の色を変える」ぐらいなら「微生物」と言って説明なしで可だと思います)

祝・今回も「the 和 make it」! - 瀬川潮♭

2017/05/07 (Sun) 03:18:20

 正選王、ありがとうございます(ぺこ
 少しテンション低いのはいろいろ「負けたな」とか実感しているから。
 選評でのポキモンとか夜な夜な同窓会とかウソもといウホとか朝礼の一族郎党とか生きるってすてきとか草木も眠る丑三つ時とかのフィーバーぶりにまったく勝った気はしなかったり。
 まあ、瀬川の結果がいい時はたいていロースコア戦になってるとき。評が散ってとっても助かりました。何か小難しいタイトルを望む理由の一つがこれだったりもします(

 空虹さん、逆選王おめでとうございます。
 まさか空虹さんが作者だとはまったく思わなかったです。こういうのも書けるよ、ということで了解です~。
>沙鮫のテリトリに踏み入れる、ぎりぎり淵に立つことが少年にはできる。
 でこの作品を見捨てたのは内緒です(酷)。
 とはいえいま読み返して、
>「・・・わかってた」
 がその理由なのかなぁとかぼんやり思ったり。なるほど、面白くなってきた!
 とはいえやっぱり
>50年後、沙漠を海へ還した少年と少女は、こうして出会った。
 で時間関係がまったく分からなくなったのですが(初読で見捨てた止めとなり再読してなかったというのは本音です)。


 そしてお勤め。
 お代案3つ、ありがとうございます。
 いずれも自分の頭からは絶対出てこないようなものなので愕然としています。ええ、自分の世界の狭さを実感してますとも。

 個人的に数回前に朝焼けのベランダで戸惑ってるようなのは書いたしなぁ、
 面妖もとい綿羊(byあさりよしとお)なのは81回タイトル

 ここは3題縛り的なタイトルが続いたのを踏襲し、今回も漢字のみタイトルの

・永遠凝視者

 でお願いします。
 自分がいいの書けるかどうかは二の次なのです。

祝辞観光開発 - 空虹桜 URL

2017/05/06 (Sat) 17:27:32

正選王、瀬川さんおめでとうございます。
瀬川さんのご期待に応えるべく、
ヘンテコなのを用意しようかと思ったんですが、
後述な理由もあって、そこまでヘンテコじゃないです。
なわけで、まずは3つ。
「まず」なので、もちろんまだ他にもありまーす。

・朝方の空は宮殿のよう
・羊をつきとめた
・永遠凝視者

あと、いただいた評が、なかなか痛いところで、
さすが、嫌なとこ見透かしてくるなぁと(微笑)

空虹さん、逆選王おめでとうございます。ありがとうございます。
何度も逆選王取ってますが、2回連続は初めてなのです。
トップに掲載されてる作品が、前回のに見えるのは気のせいなのです。
今回出したのは、「観光開発」を見つけようとした人が、
次点票を入れた結果が2票ぐらいの作品ですので、
逆選王は些か不本意ですが、
もらえるモノは有り難く頂戴しなくては!です。

>雪雪さん
もうちょっとで、久々の正選王&逆選王のW受賞だったのに!
<投網観光開発14>の逆選評が、雪雪さんらしくないというか、
あまりに言い回しが貧素で、ちょっと幻滅でした。

>まつじさん
おっと。たしかに「一瞬」が近いですね。
自サイト再録時に修正させていただきます。
にしても、まつじ作に
> 生きるって、すてきだね。
って!(褒めてます)

>koroさん
お帰りなさい!次は作品も!!

>胡乱舍猫支店さん
逆選票ありがとうございます。
このタイトルでボーイミーツガールという「ギャップ萌え」が、
ファーストコンセプトだったんでした。
今回出してみて、超短編にボーイミーツガールすくないのは、
そもそも、ボーイミーツガール好きな人あんまいないからじゃ?と。
あと、<投網観光開発5>が胡乱舍さんで、ちとビックリ。

>つとむューさん
逆選票ありがとうございます。
「観光」と「開発」は、まともにやって500文字じゃ書けません。
なので読み取りたい人にだけ、読み取れるように書いてます。
なので、いただいた選評はまさしくです。

>脳内亭さん
逆選票ありがとうございます。
「良いタイトル」ってなにかなぁとは思います。
作品にあったタイトルとしての良いタイトルと、
イメージを引き出す良いタイトルと、
競作の場として良いタイトルは、違うものじゃないか?
というのが、アタシの疑義です。
皆大好き電気グルーヴの最新作「TROPICAL LOVE」じゃ、
1曲目が「人間大統領」で、2曲目「東京チンギスハーン」だから、
無茶振り言うには、まだまだ甘いんじゃないかと(笑)
なお、お題提示者としては、
「500文字の心臓」参加者の引き出しに無いものを出さないと、
アタシがお題を出す必要がないと考えています。
とはいえ、2回連続はさすがになんなので、
いつまでも読み終わらない足穂全集の日記から、
フレーズを引用してきました。
引き出しにあるようで、開きにくそうなフレーズを。

>たなかさん
雪雪さんとは逆に、あそこのぶん投げっぷりが、
選評のコメントになってたりします。
ここの上で書いたことはともかく。

祝辞、弁明、にぎにぎし - はやかつ

2017/03/26 (Sun) 21:20:28

本日締切の投稿募集から現実逃避してやって参りましたはやかつです。
皆様ご機嫌うるわしゅう。
(参考: 逃避元URL
ttp://inkfish.txt-nifty.com/diary/2017/02/post-ba53.html )

ひょーたんさん、正選王おめでとうございます。
数年ぶりの復帰でいきなりかっさらうというあたり、さすが近年の活動の充実が反映されていると思いました。(と、さかな兄と比較してみる♪)

そらんじたん、逆選王あなたでしたか! (と言いつつ半分くらいそう思ってはいた)
や、私もはじけてふざければよかったんだと反省しきりです(そっちか?)

各位ご承知のとおり拙作は「ながながしよをひとりかもねむ」の本歌取りをやりたかっただけのものでして、はい、精進いたしますのでご容赦ください。

で、次のタイトルまた凄いの来ましたね!
でも、このくらいぶっ飛んでると、書く方も遠慮なく飛んでいいですか?って気になるので、むしろいいかも…ちょと頑張てみよかな。

マガイワイヤ - まつじ

2017/03/26 (Sun) 11:59:13

両王様おめでとうございます。
つよい!
次のお題もつよそうだ!

空虹桜さん>
私でした!とても悩んだんですが、悩みすぎるといけませんね。
偏愛というか、知人に、昔から細々と文章を書いたりしてると告げたら「そりゃあヘンタイだ!」とやけに感心された記憶があって、その最たる例だなとこれまた私も感心しきりなのです。少なくとも見る限りはブレがなさすぎて、逆にマガマガ、屈しやすく折れやすい自分にはない強さを感ずる。あ、これが偏愛か。

お祝いの三段活用 - 瀬川潮♭

2017/03/25 (Sat) 14:35:02

おめでとう、おめでたし、おめでたるかな

ってなんじゃそりゃ。
ともかく、空虹さんとひょーたんさん、それぞれおめでとうございます。どちらも納得です。完敗です。

とりあえず今回は、
森の底を描こう
という意図をもって、というか途中からそんなことにばっかり腐心した作品になっていたのでした。

ではでは、次回も楽しみですー。

投網と観光と開発と - つとむュー

2017/03/22 (Wed) 08:08:26

五十嵐彪太さん、正選王おめでとうございます。
ネタ被り覚悟の正面突破はお見事でした。
空虹桜さん、逆選王おめでとうございます。
英語をまぜてお題を表現するなんて、思いもつきませんでした。

拙作に票と評を寄せていただいた方々、ありがとうございます。

>瀨川潮♭さん
「き」が抜けていることは全然気にしてなかったので、
気の抜けた井戸のご指摘には、こちらの方が目からウロコでした。

>空虹桜さん
「冷泉」の方が美味しそうな感じがするんじゃないかと思っていましたが、
今回は「炭酸泉」の方が良かったかもしれませんね。

>海音寺ジョーさん
ネタ被り回避のためのオチが、禍々しさを吹き飛ばしてしまったようです。
逆転の発想というか、偶然の産物だったりします。

>わんでるんぐさん
身に余るお言葉、ありがとうございます。
ご指摘で自覚しましたが、某CMの鬼の雰囲気に影響されているような気がします。

>まつじさん
禍々しさをひっくり返したオチで、ポップな印象になってしまったようです。
そうなってほしいなぁと思っていたので、嬉しいです。


遅くなりましたが、前回『P』のお礼です。

>脳内亭さん
特選、ありがとうございます。
何か『P』らしい情景を描きたかったので嬉しいです。

>はやかつさん
そうなんです、北斗七星がいつ頃どの高さにあるのか調べながら書いておりました。
謎を残した方が良かったとは、なかなか奥が深いですね。今度チャレンジしてみます。

>青島さかなさん
着眼点が浮かないようなストーリー作りが大切とのこと、
これでもかなり非日常風にひねったつもりだったのですが、まだまだのようです。

>まつじさん
500文字に盛り込み過ぎたかもしれませんね。
でも上手い人なら、すっと情景が入り込んでくる作品に仕上げてしまうんだろうなぁ・・・


次回のお題は、『投網観光開発』とのこと。
なんだか面白そうなお題ですね。
以上、よろしくお願いいたします。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.